Blog&column
ブログ・コラム

洗面台の交換・リフォームのポイントや注意点を紹介

query_builder 2021/10/15
コラム
bathroom-washbasin-pia
洗面台は、ひび割れたり、水漏れしたりなど大きな故障がない限りは長く使えるものです。
しかし、庭環境や族構成などの変化で新しく交換したい方やデザインをもっとおしゃれにしたい方などいませんか?
でも、キッチンやトイレなどと比べると交換やリフォームの情報って少ないですよね。
そこで今回は、洗面台の交換についてポイントなど紹介したいと思います。

▼洗面台のタイプ
洗面台のタイプを紹介したいと思います。

■ユニットタイプ
鏡や収納、洗面ボウルなどが全て一体になっている比較的一般的なタイプです。
幅と高さがそれぞれ3種類あるので、組み合わせることあできます。
決められたパーツを組み合わせるので、デザインの自由度は低いですが、コスパは高いです。

■システムタイプ
洗面ボウルや収納部分などを自由に組み合わせて作ることができるタイプです。
自由度は高く、好きなデザインにすることができるので、浴室や脱衣所のデザインに合わることができますよ。
機能性やデザイン性が高い分、費用が掛かってしまうことが多いですね。
カウンタータイプと言われることもあります。

▼洗面台交換の注意点
洗面台を交換・リフォームする際の注意点を紹介しますね。

■サイズ(幅・高さ)
洗面台にはサイズがあるので、使用する人の身長や生活スタイルによって選びましょう。
低すぎると腰が痛くなりますし、高すぎると使いづらいですよね。
基本的には「身長÷2」の高さがちょうど良いといわれています。
一人で使用するわけではないので、難しいと思いますが、極端な高さや幅にしないようにしましょう。

■脱衣所のスペース
洗面台本体ばかりに気を取られないようにしましょう。
脱衣所には、洗濯機や収納スペース、乾燥機など様々なものがあります。
さらに、脱衣スペースも考えてサイズを決めましょう。

▼費用を抑えるためには?
・ブランドやメーカーにこだわらない
・洗面台以外(壁や床)のリフォームについても考える
・大手よりも地元の会社に依頼する

脱衣所の状態によっては、洗面台だけ交換というわけにはいかないかもしれません。
壁や床に水や湿気が原因で色が変わったり、もろくなっていることも珍しくないからです。
なので、それを含めたリフォームを同時にすること費用を抑えることができます。
また、住んでいる地域のリフォーム会社を友人・知人に紹介してもらってするのもいいかもしれません。
大手のように仲介手数料など細かい費用が掛からないので、その分安く済むでしょう。

▼まとめ
洗面台の交換・リフォームもしっかりと全体的に考えないと思ったよりも費用が掛かります。
何が必要なのかを確認して、抑えられるところは押さえましょう。
できるところは、DIYしてもいいかもしれませんよ。

NEW

  • 毎日マイアミ ♪

    query_builder 2021/06/11
  • 固定概念とゆう魔物

    query_builder 2021/05/26
  • 船がきた!!

    query_builder 2021/04/10
  • セロトニンて知ってます?

    query_builder 2021/03/15
  • 約2割の人が後悔しています

    query_builder 2021/03/11

CATEGORY

ARCHIVE