Blog&column
ブログ・コラム

バリアフリーの種類はどのようなものがあるの?

query_builder 2021/03/15
コラム
architecture-building-driveway-garage
バリアフリーに対応した建物が年々整備されていますが、自分が住む住居もバリアフリー化しなければならないケースもあります。
バリアフリーと一概に言っても、実は複数の種類があります。
ここでは、バリアフリーの種類について解説します。

▼屋外のバリアフリー
屋外のバリアフリーでは、主に玄関周りが挙げられます。
車椅子の方や杖を使用している方でも簡単に出入りできるように、フラットな地面にしたり手すりを取り付けます。
また、細かな点としてドアの開閉が容易であるという点や、ドアが急に閉まらないかなどにも注視してリフォームすることが重要です。
駐車スペースがある場合、停車した状態で乗り降りしやすいスペースがあるかを確認します。

▼屋内のバリアフリー
屋内では、基本的に段差をなるべく排除することが重要となります。
どうしても高低差が高い場所がある場合は、スロープを付けて段差を取り除きましょう。
それでも段差が必要になる場所では、手すりを取り付けてください。
床については、靴を履いていない状況ではどうしてもすべりやすく、転倒のリスクがあります。
なるべくコルク床などの滑りにくい材質の床を導入します。
また、滑りやすい場所として浴槽があります。
滑り止めを取り付けたり、浴槽を大きく跨具必要のないデザインにすることも重要です。

▼まとめ
バリアフリーの種類は、実に多岐にわたります。
体が不自由な族に対し、あらゆるリスクを加味して必要なリフォームを行ってください。

NEW

  • 船がきた!!

    query_builder 2021/04/10
  • セロトニンて知ってます?

    query_builder 2021/03/15
  • 約2割の人が後悔しています

    query_builder 2021/03/11
  • 宇佐市で住宅新築リフォームのご用命は山末建設へ!

    query_builder 2021/01/19
  • 降りましたねえ~ ⛄

    query_builder 2021/01/09

CATEGORY

ARCHIVE