Blog&column
ブログ・コラム

新築工事の工程表は見ておかないとダメ?

query_builder 2020/12/13
コラム
architect-documentation-documents-architecture
新築工事を行う際には建築会社から工程表を受け取りますよね。
しかし工程表を見ても専門用語ばかりでわかりにくいですし、わざわざ確認する必要があるのでしょうか?

▼工程表を見るべき理由

結論から言って、施主の方はぜひ建築の工程表を確認することをおすすめします。

工程表には「根堀り」「土台敷き」など、聞いたことがない専門用語が並んでいますし、一読しても工事のイメージが見えてこないと思うかもしれません。
しかし、工程表を見れば少なくとも「どの作業をいつまでに終わらせるべきか」はわかりますよね。

工期の流れを把握しておくだけでも、スムーズに施工を進めるためのチェックポイントとして役立ちます。

■工程通りに進まないケースもある

新築工事を行う際は、ある程度の余裕を持って工程が組まれています。
しかし天候の影響や検査の状況などによっては、工程通りに進まないこともあります。

特に天候については注意が必要です。
新築工事中のは生コンクリートがむき出しになっていますし、防水工事も完了していないため雨風の影響を受けやすいです。
そのため悪天候が続く時期に重なった場合は、工程表よりも大幅に建築が遅れるケースがよく見られます。

もし工程通りに進んでいないと感じる場合は、建築会社のスタッフに理由をご確認ください。
また、ここで「遅れている」と気付くためにも、あらかじめ工程表はしっかり見ておいてくださいね。

▼まとめ

新築工事の工程について不安がある時には、いつでも有限会社山末建設にご相談ください。
工程表の見方や、その他どのようなご質問にもしっかり答えさせていただきます。
満足できないポイントがある場合も、遠慮なくおっしゃってくださいね。

NEW

  • 宇佐市で住宅新築リフォームのご用命は山末建設へ!

    query_builder 2021/01/19
  • 降りましたねえ~ ⛄

    query_builder 2021/01/09
  • 明けましておめでとうございます!

    query_builder 2021/01/05
  • 今年もお世話になりました♪

    query_builder 2020/12/29
  • 賃払うなら住宅新築ローン

    query_builder 2020/12/21

CATEGORY

ARCHIVE